タバコを吸う仕草がたまりません

私が男性に対してドキドキする仕草は、皮肉にもタバコをくわえながら何か作業に没頭する姿です。私はタバコが大嫌い。もちろん自分は吸いません。生涯のパートナーとなる人には吸ってない人がいいと思って今まで生きてきたんですが…結婚した相手はタバコを吸う人でした。付き合い始めた頃は主人が部屋でタバコを吸ったら窓を開け放ってもらわないと一緒に部屋にいられないくらい嫌だったはずなのに、結婚までしてしまったのは本当に自分でも想定外でした。結婚のきっかけは私が妊娠した事だったんですが、本当に嫌ならそれまでに離れていたと思うんです。それが出来なかったのは主人のその仕草を見る度惚れぼれしていたからってのがひとつの理由だったのかもしれません。タバコに火をつけ落ちそうな灰を気にかけながらその傍らで何か捜し物をする姿とか見てると飽きなくて…でもタバコが嫌いなのでいつも葛藤しながら遠くから眺めています。自分でもつくづく矛盾しているなとは思うんですが…こればかりは何とも説明し難い魅力があってどうしようもないんですよね。主人にはいつかはタバコやめてほしいなとは思うんですが、でもそうなったらまた寂しく思う自分もいるんだろうなって気がします

続きを読む

恋愛とどう向き合えるか、永遠のテーマ

人によって体験する恋愛はさまざまです。片想いから両想い、結婚ゴールインする恋愛もあれば、失恋におちいる失敗恋愛もあるでしょう。結果がどうであれ、恋愛というものは幸せにしてくれるものです。学校や、仕事場などでの偶然な出会いを通して心の中で育つ恋愛心はどうでしょうか。相手の名前すら知らないけど、毎日見かけるのが1日の楽しみだったり、少しでもいいから目が合えばと願ったり、挨拶だけでも出来れば最高なのに、と頭の中は完全に一人恋愛モード状態。チャンスをつかんで初めてお話が出来たときのドキドキ感なんて言葉にできないくらい幸せな一時。気づけば、連絡先まで交換し合っていて、頻繁にメールなどのやり取りが続く日々。しかし、どの恋愛も全てシンデレラストーリーのように終わるわけがない。現実は非常に厳しく願うままの関係が続かないことも多いです。最終的に傷つくこともあり、それを何年もひきずるはめになることも。そんな時に「恋愛なんてしなければ良かった」と思う人も少なくないでしょう。何がともあれ恋愛を通して学べることなど多いのではないでしょうか。自分を強めてくれる「恋愛」という人生の中の1ピース、いやそれ以上をしめるものなのかもしれません。

続きを読む