バイト先で告白された経験談

高校終業後、私はアルバイトという形で働く事になりました。在学中はバイトを禁止されていたので、初めてアルバイトを経験する事になりました。一通り先輩方に挨拶を終えた時に「これから中番で入ってる先輩が来るから、見かけたら自分で挨拶しに行くように」と指示を受けました。その際に「中番の人(男性)は良い人だよ、優しいから色々教えてくれると思うよ」と言われました。

私は「きっと良い人なんだろうな」と思い、中番の人には割と緊張せずに挨拶をする事ができました。しかしその時に起こった出来事で穏やかな気持ちは一掃されます。初対面のその人は挨拶を終えると「良かったら僕とお付き合いしてくれませんか!」と急に私に言ってきたのです。私はびっくりし過ぎて笑顔が凍り付きました。その時の私は恋愛をしたいという気持ちはなかったし、そもそも初対面で告白してくるような人と付き合うなんて無理!と心の中で叫びました。というか仕事中に新人に告白する人間の気持ちが知れません。

結局その人とはアルバイト初日からギクシャクする事になりました。特に嫌がらせを受ける事はありませんでしたが、一緒に入る度に微妙な空気が流れてしまい気分が悪かったです。初めてのアルバイトでまさかこんな面倒な事になるとは思ってもみませんでした。

続きを読む

なんだかんだ大学生は恋愛できない

私は中学、高校と女子校で育ち、大学に入ってからは男の人がいるのにビックリしながら日々を過ごしました。男の子も大体は今まで男子校の子が共学になってお互い探り探りで最初コンタクトをとっていったことを今でも覚えています。今までいなかった異性がいる学校がどんどんと楽しくなり、学校へ行く時も楽しみでしょうがなかった気がします。だんだんと仲が良くなっていくと、グループができたりして、その中でも気になる子がいたらドキドキ。でもそこで告白してしまったら今までの友情がなくなって気まずい雰囲気になってしまうと、色々と考えてしまいがちで中々言い出せずに終わってしまうというのもありました。また学年が上がるにつれて、卒論や、就職活動など、今まで友達といた時間も少しずつなくなって余裕がなくなってきたりと、、私の友達も付き合っていたのですがその卒業に色々としなければならない事が多すぎて別れてしまったりといったこともありました。自分の時間と、友達との時間を上手く活用することが出来なかったら難しい気がします。大学卒業してから、意気投合で付き合ったりも出来るので焦らず、大学生活をまず楽しんで過ごしていくのが一番だと思います。友達は大切!!!友達との時間も大切!だから大学生は恋愛をたくさんする時期というイメージがありますが、なんだかんだ、大学生 彼氏できないと感じます。

続きを読む

タバコを吸う仕草がたまりません

私が男性に対してドキドキする仕草は、皮肉にもタバコをくわえながら何か作業に没頭する姿です。私はタバコが大嫌い。もちろん自分は吸いません。生涯のパートナーとなる人には吸ってない人がいいと思って今まで生きてきたんですが…結婚した相手はタバコを吸う人でした。付き合い始めた頃は主人が部屋でタバコを吸ったら窓を開け放ってもらわないと一緒に部屋にいられないくらい嫌だったはずなのに、結婚までしてしまったのは本当に自分でも想定外でした。結婚のきっかけは私が妊娠した事だったんですが、本当に嫌ならそれまでに離れていたと思うんです。それが出来なかったのは主人のその仕草を見る度惚れぼれしていたからってのがひとつの理由だったのかもしれません。タバコに火をつけ落ちそうな灰を気にかけながらその傍らで何か捜し物をする姿とか見てると飽きなくて…でもタバコが嫌いなのでいつも葛藤しながら遠くから眺めています。自分でもつくづく矛盾しているなとは思うんですが…こればかりは何とも説明し難い魅力があってどうしようもないんですよね。主人にはいつかはタバコやめてほしいなとは思うんですが、でもそうなったらまた寂しく思う自分もいるんだろうなって気がします

続きを読む

恋愛とどう向き合えるか、永遠のテーマ

人によって体験する恋愛はさまざまです。片想いから両想い、結婚ゴールインする恋愛もあれば、失恋におちいる失敗恋愛もあるでしょう。結果がどうであれ、恋愛というものは幸せにしてくれるものです。学校や、仕事場などでの偶然な出会いを通して心の中で育つ恋愛心はどうでしょうか。相手の名前すら知らないけど、毎日見かけるのが1日の楽しみだったり、少しでもいいから目が合えばと願ったり、挨拶だけでも出来れば最高なのに、と頭の中は完全に一人恋愛モード状態。チャンスをつかんで初めてお話が出来たときのドキドキ感なんて言葉にできないくらい幸せな一時。気づけば、連絡先まで交換し合っていて、頻繁にメールなどのやり取りが続く日々。しかし、どの恋愛も全てシンデレラストーリーのように終わるわけがない。現実は非常に厳しく願うままの関係が続かないことも多いです。最終的に傷つくこともあり、それを何年もひきずるはめになることも。そんな時に「恋愛なんてしなければ良かった」と思う人も少なくないでしょう。何がともあれ恋愛を通して学べることなど多いのではないでしょうか。自分を強めてくれる「恋愛」という人生の中の1ピース、いやそれ以上をしめるものなのかもしれません。

続きを読む

恋愛経験が少ないことは誇らしいことでもある気がする

20代、30代で恋愛経験が少ないと自分が恋愛経験が少ないことに劣等感を感じる人も多い気がします。確かに周りは自分と比べて恋愛経験も多いし、その分異性とのコミュニケーションも上手だったりすると羨ましかったり自分に劣等感を感じたりします。恋愛をしてない=悪という意味不明なイメージが世の中にはありますから恋愛経験が少ない男女は非常に生きにくい世の中なのかもしれません。でもこんな意味不明な認識に縛られることはつまらないと感じます。ひとつ思うこととしては男女の恋愛なんて相手のとの相性の問題なのだから自分と相性の合わない人間が多い場合は、恋愛経験も自ずと減ってしまうものだと思うのです。どの人にも好かれるような没個性的な人間ばかりではつまらないし、そんな人、個人的に人間的な魅力を感じません。今まで交際経験が人より少ないということは個性的な人間であり、他の人には持ってない魅力を持っているということ。逆に言えば他の人にはない物を持っているからこそ自ずと恋愛経験が少ないとも言えるし、他の人には経験してない何かを持っているとも言えるのではないでしょうか。だから恋愛経験が少ないことはある意味誇らしいことでもある気がします。

続きを読む

どこからが浮気?

どこからが浮気かどうか人それぞれ価値観が違うだろうがある程度彼氏彼女の指標を知っておくと便利な部分がある。まず多くの人は浮気と認識されていることは「体の関係を持つ」ということだろう。既に性的関係を持ってしまっては、世間一般的に言うとそれはかなり親密で、恋人しかしない行為なので浮気と認識されてしまう。他に浮気と判断される行為は、二人きりに旅行、手をつなぐ・腕を組む行為、ふたりきりで外出するといった3つの行為だろう。また女性から見ると風俗に行くというのも浮気と判断される事項かもしれない。風俗に行くは本気ではなく浮気なのに対して、それ以外の行為は本気になる可能性もありえる。個人的には風俗に行って、それ以外の行為を自粛している男性はある意味偉いのではないかと感じる。風俗が原因で離婚ていう事例は少ないだろうが、体の関係を持ったり二人きりに旅行が原因で離婚ていうケースは多々あるのだから。

続きを読む